2008年6月26日

少女が教えてくれたこと

080626_1.JPG

友人の美容師に髪を切って貰いさっぱりした。練馬の彼のオフィスから有楽町線に乗って市谷まで乗り番町にあるオフィスに戻る時いつも桜の時期に花見をする東郷公園を抜けようと歩いた。まだ紫陽花が見ごろだった。この公園は丘のところに作ってあって上下2段の公園になっている。上段からはスロープ付きの通路を抜けて自転車なども通れる様になっている。実はこのスロープがこの後とんでもない出来事を生む事になるとは思いもよらなかった・・・・

そのスロープに差し掛かろうとしたとき、欧州系の女の子が補助輪付きの自転車で前をゆっくり通り過ぎた。この辺りは外国籍の方が多く、うちの息子よりも小さそうだが自転車の練習でもしているんだなぁと何気なく見ていた。すると、その下りのスロープへすすっと向かった。えっ・・・と思うまもなく防護柵などないスロープの入り口から吸い込まれるようにそこに入ってしまったのだ。

まさか?!・・・慌てた僕は彼女の自転車を追いかけてそのスロープへ入ったがまだその時には3m位の距離があった。これでも学生時代サッカーでならした脚力を使って全速力で追いかける。ブレーキ、ブレーキと叫ぶがノーブレーキのまま加速していく。距離が1mまで縮まったところで正面に金網で覆われた水利施設が見えた。まずい!このまま行くと衝突する・・・

おそらくほんの数秒の事だが色んな事を考えて手を伸ばしたが届かず、その金網に彼女はまさしく激突した。しかし運良く前輪が金網の下のコンクリートに当たって跳ね返りショックを和らげ左半身から彼女は転んだのだが大きな声で泣いたものの頭を打たずにすんだ。追いかけたが何も出来ずに何とも言えない気持ちになった。

大丈夫?怖かったね・・・通じる筈のない言葉を掛けていると母親とこの子のお兄ちゃんが駆けつけて来た。ありがとうございますとカタコトの日本語だったがお母さんはスリキズはしたが何もなかった様子を見て頭を下げてくれた。いや、何も出来なかったんですよとこれまた通じてるのか分からない返答をしてしばらく彼女が泣き止むのを待っていた。左ひざのスリキズをティッシュで拭いてあげるとニコッと笑い返してくれた。あー良かった・・・・

そして何より驚いたのは彼女がブレーキを掛けなかったその手に紫陽花の大きな花がしっかりと握られていて、こんな大きな事故にも関わらず花が全く無傷だった事だった。夢中でブレーキを握れなかったのかもしれないけれど、花をかばったのかもしれないと思うと、強い子だね-と思わず頭を撫でた。言葉は通じなかったけれど心が通い合うってこう言うことかなぁとも思って、お母さんとお兄ちゃんに見守られながらその場を後にした。

こんな経験しようと思っても出来ないけれど、僕は彼女に大切にしなければいけないものが何かを教えてもらった様な気がしてとても清清しい気分になった。身を呈して花を守った彼女の気持ちが今でも心にジンワリ来ています。

[カテゴリ] 花のはなし

■コメント(8)

tabi (2008年6月26日 21:44)

いいお話ですね。
きっと、アジサイの茎を握りしてめてはいけないと
ブレーキかけれなかったのでしょうね。

すでに、母性が働いている。。。
さすが女の子ですよ!

daikyuさんのレスキュー姿、見たかったな~♪

西洋毛鉤 (2008年6月27日 10:00)

先日、通勤途中に渋滞に巻き込まれてのろのろ運転をしていると、側道で自転車のチェーンが外れ、困っている女子高生がいました。

よっぽど車を止めて、直してあげようかなと思ったのですが
始業時間がせっまっていて、そのまま通り過ぎてしまいました。

もう一月ほど前のことになるのに、まだ引きずってます。

daikyu (2008年6月27日 10:41)

tabiさん こんにちは。ほんと何もなくて良かった
です。

>きっと、アジサイの茎を握りしてめてはいけない
>とブレーキかけれなかったのでしょうね。

やっぱりそうなんですよね。何となくそう思える
女の子の真摯な瞳がとってもぐっと来ました!

私のレスキューと言うよりも、一歩間違えば私が
レスキューのお世話になるところだったかもしれ
ません・・・

早速、区役所の公園管理課と言う所に電話して
改善提案しましたが、他人事の様な温度差を感
じてしまいました。ちょっとアツくなっちゃいました。

daikyu (2008年6月27日 10:47)

西洋毛鉤さん こんにちは。人に親切にされるとどんな
事でも人間てうれしくなりますが、あの時してあげれば
良かったって事は案外相手よりも自分の方が後々響く
ことありますね。

最近はそういう風に親切を装ってヘンなことする人も多
いから、こっちも遠慮してるところもあると思うんですけど、
こんな経験も良いことだったかもしれません。

女子高生から見たら僕達っておっさん、おにいさん?!
このヘンもこちらから見ればおにいさん、相手から見れば
おっさんかな?

練馬の住人@職場 (2008年6月28日 10:34)

daikyuさん こんにちは
実に素敵な話じゃぁありませんか!
ギスギスした世の中、何かほのぼのとさせてくれる感じです。
ちなみに先日、コンビニ前で女子高生から「オヤジ扱い」をされましたけどね(泣)

terry (2008年6月29日 13:25)

daikyuさん、こんちわ!!
エエハナシですね。雨降りの日に紫陽花にまつわるハナシは
ココロまで潤される感じです。

ボクの家の前に公園があるんですが
先週の日曜の午後、小学生たちが自転車に乗って遊んでいたんだけど
その中の一人が路上で転んで“いたぁ〜いッ”と半ベソをかいてました。
慌てて、自転車を立てて“大丈夫?”って声を掛けたら
“ありがとう、オジサンッ!!”だって・・・

いつまでも若いつもりでいると、小学生のそのひと言が
グサッ!とココロに刺さります・・・やっぱりオジサンなんだなぁ(笑)

daikyu (2008年6月30日 14:56)

練住さん 昨日はお疲れ様でした。色々お世話頂き
上げ膳据え膳でこちらリラックス気分で参加させて
もらっちゃいました。

>ちなみに先日、コンビニ前で女子高生から「オヤジ扱い」
>をされましたけどね(泣)

向こうからすればそれが当たり前でも、自分の感覚
ではオヤジとオニイサンの境目くらいにいるつもりで
居るのでオヤジと言われれば何?!ってなりますね。
その感覚がオヤジなのかな・・・・

daikyu (2008年6月30日 15:15)

terryさん こんにちは。ここのところ釣りに行く時間
が中々取れなかったので準家族な私は花を見て癒
されていました。しかし女の子は芯が強いですね。

>慌てて、自転車を立てて“大丈夫?”って声を掛けたら
>“ありがとう、オジサンッ!!”だって・・・

そこでこそ『ありがとうオ・ニ・イ・サ・ン』の一言が欲しい
場面ですね(笑)渓でアブラ鰭の30オーバーと出会うの
は中々難しいですが、小学生にとっての年齢差30オー
バーはたくさん居すぎてありがたみがないのね・・・

オジサンとオニイサンの境目のグラデーションが見る
人によって上下に動くってことでしょうか・・・・うちの子
にオヤジギャグ言うとスゴイウケルので結構うれしい
んですよね。間違いなくアタシはオヤジですわ。

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント