2008年11月 2日

のんびりと里川で

081102_9.jpg

今年の9月、10数年振りに奥飛騨のとある里川に来た。釣り券を買いに、集落唯一の商店に立ち寄った・・・・・市場へ行って来ます。こんな立札があった。この行って来ますと言う言葉の中にあるほんのり温かい感じが懐かしかった。この場所からは大きなスーパーまでは木曽側で45分、飛騨側でも50分ほどあるから、この商店が集落の中では大切な存在だ。 帰ってきた頃を見計らってもう一度来よう・・・・

081102_12.jpg

商店の隣には水場がある。これも田舎には懐かしい風景だ。夏になればキュウリやトマトやスイカがこの水場で行水している姿が目に浮かぶ。昔は食器洗いや洗濯もこの水場でやってたのかな。この水はこれから釣りをする渓のイワナ達の水源のひとつでもある。

商店から離れて道を下ろうとすると農作業帰りのおじさんとすれ違う。軽く会釈をすると『釣れるか?』と聞かれ『これからなんです』とこたえると『1時には市場から戻るんじゃないかな』とおじさんがお店を指差しながら気を遣ってくれた。『ありがとうございます』軽く会釈をもう一度。こんな空気もうれしい。

081102_11.jpg 

 両岸を葦と柳に覆われていかにもな渓相。集落の中を流れる里川には、控え目だが素直なイワナがそこそこの密度で棲息していて、魚と村人のイメージが重なる様な感じがした。商店のおばちゃんが帰る1時頃までこの辺で竿を出すことにしよう。

081020_4.jpg

このイワナは市場には行ってなかったようで、葦際の小さな巻きで餌を待っていた。ゆっくりとした動作で焦茶色の魚体を浮上させて毛鉤を咥えた。元気にブリッとした7寸サイズ。秋口らしく胸鰭の縁が白くなり全体的に色が濃い感じがする。少し物足りないサイズと言えない事もないけれど木曽や飛騨の周辺の平均サイズから言えば充分。

それから2時間ほどで7匹もの釣果に恵まれた。今日はイワナのご機嫌が良いようだ。あれよあれよという間に時間が経ち、時計を見るともうすぐ1時。商店をはさんで200mも釣ってない。

081102_16.jpg

護岸の切れ目から道に上がると、満開のコスモスの先に商店引き戸が開いているのが見えた。財布を出そうとベストのポケットを探った時、昼用にとベストの背中に入れたおにぎりにもお茶にも手をつけてなかった事に気がついた。寝食忘れて夢中になれる事があるのは幸せなことだ。

『釣れたの?』と聞かれ、『釣れたよ!』と答えるとおばちゃんも嬉しそうだった。何かイワナを相手に釣りをしていたリズムと、この集落の人々を会話をしているリズムが殆ど変わらず、何ともゆったりとした気分になった。

久しぶりに入った里川で、新しい愉しみを発見してしまった。深山幽谷も良いけれど、里の釣りもまた良い。釣果だけでは計れない、とても贅沢な時間・・・・・

 

■コメント(22)

BEE-ANT (2008年11月 2日 17:58)

こんばんわです。daikyuさん!
この感じ、すっごく分かります。
見知らぬ土地に釣りに行く時って、どんな川で、どんな魚に出会えるのか凄く楽しみですが、その土地の人との触れ合いも同じくらい楽しみなんですよね。

daikyu (2008年11月 3日 08:20)

BEE-ANTさん おはようございます。実家のある木曽からもそこそこ離れて
いる渓で最初からそこに行くつもりでないと中々訪れない渓での事でしたの
で良い時間でした。

携帯やメールでコミュニケーションするのが当り前になった世の中ですが、
こんな立札や、お隣さんが声を掛けてくれるふれあいは良いもんですね。

便利になると失うものもあると言いますが、ブログも元々アナログな生き方
が好きな私にとっては出逢いの縁の入口と言う位置づけなのかもしれません。やっぱり会って釣りしながら、反省は飲みながらです!

para-miyuki (2008年11月 3日 13:21)

連休最終日、相変わらず家の中日引きこもりでスイッチオフ
の状態ですが、ウズっとなるようなエントリーです。
いつも解禁の頃には否が応でもウズっとなりますが、この時期
はどんどんとオフシーズンの湖の底に沈んでいく気持ちでいま
すので、目が覚めたような気分です♪

そんなオフでも楽しめるように、星空を見上げておりますが、見え
るのは雲ばかり・・・
イワナよりもイケズな星たちですわ!^^;

terry (2008年11月 3日 21:54)

daikyuさん、こんばんわ!!
良いですね〜、人の匂いのする里川。
ボクはフライフィッシングを覚えたのが里川なので
漁券を買いに行くとき、早朝に早過ぎるかなぁとか
ちょっと心配しながらも民家へおはよーございます!!
って行くのが、楽しかったりします。
そうそう、何年か前、daikyuさんたちと千曲へ行ったときも
漁券を売ってる民家の玄関先で氷砂糖が出てきたコトもありましたね。
そんなちょっとした触れ合いも釣りの旅を楽しくしてくれますね。

練馬の住人 (2008年11月 3日 22:07)

daikyuさん こんばんは。
懐かしい光景で心が揺らぎました。
水場から湧く水で、ウイスキーや焼酎の水割り。はたまた新米なんぞ焚いてみたらさぞかし美味しそうな感じがしてやみません。
我々人間にとっても水は大切。我が家も新しい浄水器を使って、山水を飲んでいる気になっています(苦笑)
P.S 近所にある食堂では「ギャンブルに行ってきます」と、立て看板が時折掲示されてますよ〜

red-bean (2008年11月 3日 22:36)

こんばんはっ!
里川や山里の風景ってなぜ郷愁をさそうのですかね!
自分が通った小学校はコンクリート製でしたが会津で
見た木造校舎に何ともいえない懐かしさを感じました。
日本人にすり込まれた何かがあるんでしょうか。(笑

Anonymous (2008年11月 4日 09:14)

> イワナを相手に釣りをしていたリズムと、
> この集落の人々を会話をしているリズムが殆ど変わらず・・・

いい感じですね~。
こんな文章を読むと禁断症状増幅です。
今週末は、バスでもヘラでもなんでも良いんで、釣りに行こう~っと!

heboheboy (2008年11月 4日 14:52)

あそこの川の支流がこんな風になっていたとは、・・・もっと冒険して開拓の気持ちを持たないと駄目ですね!釣果欲しさに実績のあるところに足が向いてしまいがちでした・・・反省反省(笑)要

daikyu (2008年11月 5日 07:50)

miyukiさん おはようございます。引きこもりがちになります
シーズンオフは何とか予定を組みつつお外で遊ぶことにして
いますよ・・・・

この渓は入った瞬間にmiyukiさん好みだなぁと思いました。
遠野や住田の渓に良く似ていて魚もかなり残ってる感じで
す。5月には良い釣りが出来そうですので、五月晴れの下
で良い写真が撮れそうですよ。

たなびらが少なく、こんな渓相でイワナってのも個人的には
興味深々です。里の良さは案外釣り人が少なくプレッシャー
が低いのに住んでる人の気配があることです・・・・

daikyu (2008年11月 5日 08:00)

terryさん おはようございます。今シーズン後半は富山に抜ける
道すがらで色んな渓を覗きましたがこの渓は水量がふんだんにあ
る日に入ったので楽しかったです。あの高原の渓の昔を見てる様
な感じです・・・・

>漁券を買いに行くとき、早朝に早過ぎるかなぁとか
>ちょっと心配しながらも民家へおはよーございます!!
>って行くのが、楽しかったりします。

そうそう、あの農家の戸をガラガラッて開ける時や、商店にこんちはっ
て入ってシーンとしてると畑行ってるんだなぁなんて安心したりしてね。
裏手に回る頃には玄関からひょっこり出てきたりしてなんか可笑しい
時もありますが、そんなのも里の釣りの一部かもしれません。

>千曲へ行ったときも漁券を売ってる民家の玄関先で氷砂糖が出て
>きたコトもありましたね。

懐かしいなぁ・・・あの日は氷砂糖のおかげか釣りも楽しかったですね。
久しぶりにバイカモのある千曲でのマッチザハッチでしたがやはり翌年
以降はまた水草もあまりない様でした。それ考えると高原の渓に流れ
込んでるクリーク群は全国的に見ても貴重かもしれませんね。

daikyu (2008年11月 5日 08:05)

練住さん おはようございます。懐かしい感じしますよね。田舎
でもこういう典型的な感じは案外少なくなってきてるので貴重
かもしれないです。

>水場から湧く水で、ウイスキーや焼酎の水割り。はたまた新米
>なんぞ焚いてみたらさぞかし美味しそうな感じがしてやみません。

この水で月末に蕎麦打ちでも挑戦しようとたくらんでおります(笑)
食べられるものになるかは落ちついた心ともてなしの気持ち次第
でしょうか?・・・ってそんなに甘くないっすね。

>P.S 近所にある食堂では「ギャンブルに行ってきます」と、立て
>看板が時折掲示されてますよ〜

東京近郊でもそんな感じの風景があるのは良いですね。でも
ギャンブルってなんだろう?!まさか朝霞ガーデンぢゃないで
すよね!(笑)

daikyu (2008年11月 5日 08:18)

red-beanさん おはようございます。小学校時代から
渓流での釣りをして、30年以上になるわけですがガキ
の頃の方が怖さを知らないと言いますか破天荒で、
ひとりでへつりする様なヤマトオンリーの渓をみみずの
餌を持って行ってましたね。その頃には熊に遭遇した
事は不思議と一度もないんです。

>里川や山里の風景ってなぜ郷愁をさそうのですかね!
>日本人にすり込まれた何かがあるんでしょうか。(笑

初めて出逢う風景の中になぜか懐かしさを感じるのは
日本人にあるふるさとのイメージなのかもしれませんね。
そんな原風景を感じることが出来るのもアウトドアな趣味
に関わってるおかげですね。

木曽に住んでるときには当たり前と思っていた風景や
渓が貴重だと気づかされたのは、東京暮らしの恩恵
なのかもしれません。何が幸いするのか分からないの
が面白いです。

daikyu (2008年11月 5日 08:23)

おはようございます!どなたなのか想像しながらコメントいたします(笑)

>いい感じですね~。

とってものんびりした田舎ですので、釣りなしでもかなり癒される感じです。
まして、イワナが沢山遊んでくれるとなれば尚よしですね。

>こんな文章を読むと禁断症状増幅です。今週末は、バスでもヘラでも
>なんでも良いんで、釣りに行こう~っと!

禁断症状が出るタイプな方で、バスでもヘラでもですか?うーんもしかして
今日近江でお逢いするお方?!うーん混沌としておりますわ・・・

禁断症状が出ますと言ううちはまだ大丈夫と思います。ホントにてんぱる
とそんなコメントすら出せなくなる時もありますので・・・ぜひ釣りに行って
下さい!

daikyu (2008年11月 5日 08:30)

要さん おはようございます。今年は釣りそのものが例年に比べ
減りましたが新規の渓は先日数えると15本程竿を出していました。
毎年10本行っても60歳までに170河川。うーん考えます!

>あそこの川の支流がこんな風になっていたとは、・・・もっと冒険
>して開拓の気持ちを持たないと駄目ですね!

あの水系はかなり魚のコンディションが良い様に思います。雪代
が他に比べると早そうなので、日並が良ければ5月より前でも
もしかしたら釣りになるのかもしれません。カゲロウが日中に出る
時にのんびりやりましょう!

カレンダーの写真の更新連日楽しみにしております。そんな方が
フライマンのみならず沢山いらっしゃると思います。色んな夢が膨
らむ今日この頃です。営業会議わくわくしてお待ちしております!(笑)

ひろぽん (2008年11月 5日 11:00)

市場へ行って来ます・・・
このあったかい雰囲気いいですねぇ。
今は釣りは出来ないけれど、田舎をドライブしているだけでなんかホッとします。
そして、綺麗な水に綺麗な魚・・・最高ですね♪

ヒゲおやじ (2008年11月 6日 00:22)

里川ののんびりした雰囲気が私もとっても好きです。
その土地の人の温かさや、優しさが沁みますよね。
昔、農作業してるおじさんに、何気なく挨拶したら「これ、持ってっけ」と採ったばかりのアケビを貰ったことがありました。
甘酸っぱい、香りが今も心に残ってます。
つくづく、日本は良いな~などとしみじみ思った事がありました。
いつまでも、こんな風景がつづく世の中でありたいもんですね。

kom (2008年11月 6日 18:10)

こんばんは〜
こんな手書きの立札は暖かみがあって良いですね。
ほのぼのとした感じが伝わります♪

まっ 自分の所も充分田舎ですから山沿いに行くとこんな風景やら人柄に逢えるのでこんな風景は心が落ち着きます。

以前お話したかもしれませんが、shojiさんやくろやんと会津に行った時に釣り券を買おうと民家の軒先を覗いた所、沢山の舞茸があって凄いなぁ〜 なんて褒めてたら、結構大きな株を貰った事があります。たかだか一人900円の日釣り券を買うのに、でっかい舞茸あげちゃうなんて、なんて良い人なんだろうって思いましたよ〜♪

daikyu (2008年11月 6日 22:37)

ひろぽんさん こんばんは。旧紫亭のそばの渓にとても
似ていて、なんだかデジャブな気分になったんですよ。
釣れるのはヤマト系なので魚を見ると我に返るんですけ
どね・・・・

>市場へ行って来ます・・・このあったかい雰囲気いい
>ですねぇ。

こんな立て看板を立てると言う事はひとはいませんけど
居ない間よろしくねっみたいな繋がりも感じます。そうい
うコミュニティがあると言うのがありがたいですね。

東京だったらちょっとぶっそうな感じがして中々こういう事
はしにくい感じしますが・・・出掛けてません!とか張り紙
しそうです(笑)

daikyu (2008年11月 6日 22:43)

ヒゲおやじさん こんばんは。岐阜長野では良く見る風景かもしれ
ませんがしばらく都会に住んでるとあーそーなんだよねと妙に納得
してしまいます。今回もそんな感じで一枚パチリと撮りました。

>昔、農作業してるおじさんに、何気なく挨拶したら「これ、持って
>っけ」と採ったばかりのアケビを貰ったことがありました。

そう!やっぱり挨拶されるとおじさんやおばさん達もすごく安心する
んでしょうね。何にもないけど持ってって!みたいなノリは田舎は
すごくあるんですよね。釣りとかしてる人には基本優しいんだと思い
ますよ。

>いつまでも、こんな風景がつづく世の中でありたいもんですね。

普通でいるのが中々難しい世の中ですからね。変化し続けないと
同じで居られないなんて話もありますが、ずっと変わらないのは
やっぱり安心です・・・・

たんくろーりー (2008年11月 6日 23:11)

Daikyuさん、毎度です♪

コスモスの写真の背景に「久寿玉」の看板があるのが
いかにも飛騨って感じで、独り癒されてしまいましたわ(^^)

まだまだオフになったばかりだけれど、来シーズンは、、、と
そんなことばかり考えながら過ごしております。

daikyu (2008年11月11日 08:00)

komさん おはようございます。大きな気持の信頼感の様な
ものがあるんでしょうね。出掛ける時近所の人に声掛ける様
な習慣もこういう地域では普通なんだと思います。

>まっ 自分の所も充分田舎ですから山沿いに行くとこんな
>風景やら人柄に逢えるのでこんな風景は心が落ち着きます。

いつも連れてってもらう前日光辺りも中々程良い田舎感が
あって落ち着きますよね。渋谷や新宿のネオンを見ると落ち
着くと言う人も居ますが、僕は両方です(笑)

過去の傾向として舞茸採りのおじさんは、褒めると分けてくれる
率80%位ある感じです。都会の常識ではあり得ませんね。釣り
してて、オジサンが背中に背負ってた舞茸見せてくれた時にも
ドッヂボール大の房をほれっ!てな感じで頂いた時には、まさに
舞い踊る感じでした。僕もいつかは天然舞茸採ってみたいです!

daikyu (2008年11月11日 08:20)

たんくろーりーさん おはようございます。今シーズンは
岐阜と長野、岐阜と富山の境辺りをかなり放浪しまして
意外に山岳でなく、里であることに気付いて発見が沢山
ありました。あの場所で偶然遭った時もそんな放浪中の
出来事でしたので・・・

>コスモスの写真の背景に「久寿玉」の看板があるのが
>いかにも飛騨って感じで、独り癒されてしまいましたわ(^^)

さすが!見るとこが違いますね。久寿玉なんて縁起の良い
銘柄ですが飲んだことないので今度探して見ます。この
商店はノンビりした風情で単価は低いけれど来店頻度が
多くて、世間話するのが仕事の殆どみたいな感じの店で
した。商店仲間として見習わなければと思いました!

やっぱり釣りも半月離れるとしたくなりますね・・・管理釣り
場でも良いのでロッドも曲がりをみたくなりました。

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント