2009年1月11日

年始に思うこと

090110_1.jpg

昨晩仕事帰りにふらっと拘りの工房に立ち寄る。入口付近の小部屋で防塵マスクをして専務が作業中だった。専務は愛情を込めて店主がつけたバイトくんの呼び名だ。工房の奥でやはり防塵マスクで作業中の店主とご挨拶。この頃拘って始めたと言う『和のとある釣り』の話をひとしきりしていると、見た顔がひょっこり現れた。ブログにも遊びに来てくれるTAKAQさんだった。

住まいが近くなTAKAQさんはちょこちょこと顔を出すそうだが決まって店主が留守でようやく会えましたととの事。NEW RODの話をしているとなんと奇遇にも使っている竿の殆どが4ピースロッドなのだと。これまた奇遇ですねと話し、繫いで見てうーんと唸って、ニヤッとしてまた盛り上がり・・・チャリンコ検討中の私は二人のチャリンコ話に耳を傾けつつメタボ解消にもやはりチャリは必須と実感。

話はバンブー製のリールシートへ。木目の美しい銘木を使ったリールシートもあるけれどこのシートは美しい職人技だ。竹の曲がりの面を合わせて重ね、圧着し円柱状に加工してリールフット部分を削ったあと、何層も塗装する。重ねた後に削る作業が元々節を重ねてある為に作業中に剝れる事もままあるそうでこの削りの作業の工夫の中に『もがき』があった。

出来あがったばかりのシートにHARIKI製のキャップ&リングをそっとセットしてみる。柔らかい竹に硬質なアルミが指にリングをはめた様な感じだった。いいねぇ・・・もうすぐラッピングされたスケルトングリーンのブランクと融合していく。やっぱりストーリーがある道具に傾注してしまう。 

090110_2.jpg

年末のおおみそかに中津川にあるとある管理釣り場に兄と行ってきた。釣りをしなかったこの2か月半もちろん里帰りに竿を積んで来る筈もなかったが久しぶりに兄のルアータックルを借りて、ボートを借りて半日今年一年をのんびり振り返りながらの釣りと洒落込んだ・・・・

がしかし!・・・ななんと2人そろってBOZE!釣れない言い訳はいくらでもあるのだが2008年はWのBOZEで締めくくりとお後がよろしいようでした。この釣り場はお客さんに来て欲しいのではなくて、ここを好きな釣り人が来てくれれば良いと管理人さんが昔話した言葉を噛みしめて繋いだ竿をはずす二人なのでした・・・・・・でもそんな拘りの釣り場づくりが出来る人や環境もそうないもので貴重な釣り場と言える。

4月後半から始まるモンカゲのハッチや、ユスリカに反応するときの独特の釣りは止水の釣りのシュミレーションのつもりでと足を運んで手強い釣りになり、ここ独特の釣りに嵌る事請け合いだ。うーん、それにしてもBOZEはきついけど暖かくなったらビンビンに育ってワイルドな鱒にグイグイとロッドを絞られたいと思う。どんな時代でも変わらないこの管理釣り場の姿勢が大好きだから。

世の中は不景気だと、どのメディアも枕詞の様に語っている。もちろん大変なのだがそこまで煽る事に何か意味があるのだろうかとも思う。土砂降りの雨でも傘をさせば出掛けられるし、雪道だって走らず歩けば前に進むことは出来る。その前にやまない土砂降りなんてないから・・・・

その事を理由にして考えなかったり歩くのを躊躇する事は性に合わないから、今年は何かと『もがく』事になるんだと思う。『もがいている人』にも共感が持てる。また『いつも変わらない人』もすごいと思う。さて今年は何にもがいて、何に拘りましょうか?

 

■コメント(14)

terry (2009年1月11日 13:51)

daikyuさん、こんちわ!!
大晦日の某池、厳しかったご様子で。
そういえば、以前(当時はルアーマンでした*笑)この池に正月休み
出掛けた際に、池の表面が凍るほどの極寒の中、ボートや桟橋で釣りをせず
オカッパリで岸沿いを回遊するイワナやブラウンを夢中になって狙っていて
ついつい前のめりになって、自分自身が池ポチャしたコトがあります(笑)
水の中でモガイて、陸に上がったけど、あまりの寒さで
もう一度水の中に入ったほどでした(笑)

この池、渓流最盛期に入った頃に行くと、また面白いんですよね。
今年、ボクも暖かくなったら久し振りに行ってみようかな。

fukuchan (2009年1月11日 20:43)

daikyuさん、遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
今は釣具への物欲は沈静化していますがシーズンが始まると
何処からとも無く沸いてくるんですよね~!(笑
シーズンオフは昨年からカメラ関係の物欲が活性化しておりま
すので結局1年中物欲に悩まされています。(笑

daikyuさんでもbozeになることがあるんですね?!
親近感わくな~ (笑
今年も宜しくお願い致します♪

shoji (2009年1月12日 00:03)

ルアー難しいでしょ???(爆)

ヒゲおやじ (2009年1月12日 00:35)

難しですよね、あそこは。
でも、難しいからどうするか考える、だから1匹がとってもうれしい。
世の中、どこでも大変だけどきっとイイ事を数倍嬉しくするための準備なんだと思いたいですよね。
ジャンプするためにはかがんで力を貯めないと飛べなですもんね。
そのうち、バーンと飛べる時が来てほしいですね。

TAKA-Q (2009年1月12日 08:06)

daikyuさん、おはよーゴザイマス!
いや~まさかアソコでお会いできるとは・・・。
今度はどこぞの渓でお会いいたしましょう!

しかし僕はやっぱり”Ⅵ”のrodがシックリきますね~。
販売されないのがヒジョ~にザンネンです。
現物はアソコにあるのになぁ~。

アレ・・・〇ってくれないかなぁ~(ぷ)。

たんくろーりー (2009年1月12日 16:09)

Daikyuさん、遅くなりましたが
明けましておめでとうございます!!!!

文章に引き込まれてしまいました。
親しくしていただいてる釣り仲間の名前や、
古い友人の作るリング&キャップ、
さらには中津川のあの釣り場まで・・・・。

Daikyuさんは東京、ボクは中部ですが、世間は狭いというか
共通な繋がりを感じますね。
そういや、昨年は本当に「世間の狭さ」をとある国道で痛感しましたね!

今年はあの国道の脇を流れてる川でご一緒できることを期待しています♪

daikyu (2009年1月12日 22:55)

terryさん こんばんは。前日木曽に入りまして兄と今年の
振り返りなぞをしながら一杯飲んでおりましたら釣り納めに
行っとかないと良くないよねぇなんて話になっちゃって・・・

放射冷却で朝はマイナス5度程。池の水温も5度に下がった
ばかりとの話で朝一目の前でのカラ元気なニジマスのライズ
を一回、遠くで跳ねたの含め計3回気配を感じただけでした。

あの池で正月の珍はちびしー!(笑)もう一回水に入りたくな
った気持ち良く分かります。でもあの冬を越した魚体はまさに
磨かれた素晴らしい魚になります。モンカゲシーズンに一回
行ってみましょう!管理釣り場としてワールドクラスですね!

daikyu (2009年1月12日 23:23)

fukuchanさん こちらこそご挨拶遅れて申し訳ありません。

シーズンオフには身体を休めたり、家族との静かな時間を過ご
したりと色々ありますよね。ところがセワシナイ12月を過ぎて、
おとそ気分の正月を超えると解禁モードが突然やってくるのも
釣り人の性なんですよねーこれが!

昨年は2回BOZEがありましたが、大晦日にまさかもう一回来る
とは・・・でも釣りはこうでなくっちゃと言うのもありますよね!い
つまでも童心を忘れずにいられるのも想定外な驚きや、びっくり
する様な大きい魚との出逢いもありますもんね。

BOZEを恐れては良い釣り場開拓も出来なくなります!三振か
ホームランかと言う清原の様な釣りもアリですね!

daikyu (2009年1月12日 23:28)

shojiさん そーくるとは思いませんでした!(笑)

タックルを借りて使って思ったのは、僕がルアー
にハマった頃の30年前から比べるとすごい進化
していると言う感じでした。やはり日本人の技術
は凄いです。

リールなんか昔の海外物が凄く稚拙に感じる程の
精度と性能でした。ただ道具として遊びの部分や
面白さと言うのは30年前に軍配が上がると感じま
した。今年は古いタックルひっぱり出してご一緒し
てみるのも良いかもしれません。

ルアーフィッシングは私の釣りのルーツですので!

daikyu (2009年1月12日 23:35)

ヒゲおやじさん こんばんは。僕も過去にフライで2度BOZEを
くらった事がありまして・・・・結構考えさせられるんですよね。

ターンオーバーと釣りの関係とか水温が下がってピーカンだっ
たりすると難しいと言う局面を改めて知ったり。晴れたり、曇っ
たり変化のある日はやっぱり良いんですよね。雨男はそんな
意味でも良い日に当たる日も案外あってね・・・・・

>世の中、どこでも大変だけどきっとイイ事を数倍嬉しくするため
>の準備なんだと思いたいですよね。

日本人としてのアナログな良さとか相手を思いやる気持ちとか
そんな事に回帰出来る良いチャンスじゃないかと思いますよ!
僕たちおそらくそんな時代が来るのを先取りしてるんぢゃない
でしょうか?!

daikyu (2009年1月12日 23:49)

TAKA-Qさん こんばんは。先日はどーもでした!
もうお店と至近にお住まいなんですね。車だと僕の
家からでもそんなに遠くないですからね。

>しかし僕はやっぱり”Ⅵ”のrodがシックリきますね~。

この辺はいろんな好みがあって中々悩むところなん
ですが、最終的に二つを比べて10回はテストして
答を出しましたので、今度ラインを通してみて下さい。

微妙なテイストがあるのがロッドアクションなので
一生探し求めていても自分にビンゴ!ってのは中々
ですね。またご一緒しましょう!


daikyu (2009年1月13日 00:08)

たんくローリーさん 本年もよろしくどうぞ!久しぶりに
釣り具やさんに行って久しぶりの人にあったり、出張と
称して出釣していてばったりと会ったりね。

なんだかお互い見えない糸で引きあってるのでしょうか
透明なんだけどPEライン位強い感じです(笑)竹の柔ら
かな丸みにビシッとしたHARIKIさんのフェルールがいい
感じでした。ロッドケースもブラスヘッドをHARIKIさんの
ところでやろうと話てます・・・

>今年はあの国道の脇を流れてる川でご一緒できること
>を期待しています♪

フライパッチに挟まった様なヘンテコなフライを真似て、
いくつか準備して臨みますね!春先から全開ですもん
ね・・・あそこは

練馬の住人 (2009年1月14日 00:51)

daikyuさ〜ん おNEWのロッド、何処に隠しているんですかぁ(w
今シーズン、ひょっこり出して来るのを楽しみにしてます。
狸穴が恋しい、寒さこたえる深夜の書き込みでした。

daikyu (2009年1月14日 16:21)

練住さん こんにちは!狸穴初めは先週終わりましたが
やはりこの不景気の煽りを受けて大盛況でしたよん(笑)
さすがの変わらない姿勢と拘りは強い味方ですよね!

NEW RODのテストは足掛け3年したのですが、完成品
での初釣りは木曽の解禁になりそうです。それはそうと
お手軽カープフィッシングと朝霞通いで釣り疲れしてませ
んか?手を休めて一杯!肝臓の休む暇はないっすね。

月末までは何かとせわしい感じなこの頃です!・・・・

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント