2009年2月23日

耐寒&体感

090223_8.JPG

週末、要さんのお声掛けで日光の耐寒訓練に行ってまいりました。北側の湖畔から望む中禅寺湖&男体山の凛とした風景はここに来たものだけが味わえる大自然そのものでした。見るものすべてが新鮮なのです耐寒と言うよりも体感訓練です!

090223_1.JPG

AM中に水中撮影をされた要さんがお休みしている間に、元気な私達は雪原の宝石の様な世界を楽しみに歩きます。shojiさん、shikada夫妻はスノーシューで、komさんとくろやんと私は林道を徒歩でアプローチします。

湖畔の雪原の上に鳥が羽のオブジェを作っていました。まっさらな雪原に今日一日限定の作品です。くろやん、komさんと感心しきりでした。

090223_2.JPG

こちらは猛禽類が鱒をハンティングした証拠です。これも今日限定のワイルドなオブジェとも言えますが自然界の営みを感じてドキドキしました。

090223_9.JPG

早めの宴会を済ませて、今日は22時頃からスターウォッチング&撮影会でマイナス15℃の世界に!要さんの案内で天体の話を聞きながら初めての星空撮影に入ります。僕のEOSはバッテリーが持たず、要さんのカメラをお借りして設定もして頂き後はシャッターを押すだけになってしまいました(笑)

miyukiさんの装備は半端ではありません。何か天体観測の施設をそのまま持ち出した様な感じでした。マニアですな・・・・tabiさんは寝転がって天体観測!これも素敵です。みんなそれぞれの持ち味があって、みんな違ってみんな良い感じです!

足先が耐えられなくなる1時間後位まで白いため息を吐くhebo会メンバーと星屑の降ってきそうな夜空とのコラボレーションは続いたのでした。帰って食べた鍋が美味しかった!

 

090223_10.JPG翌日東京で10時からの仕事を抱えている私は7時に現地出発が鱒とでした・・・・が星空撮影に続き朝焼け撮影も6時から30分ほどさせて頂きました。

私の撮影技術ではここまでですが、皆さんのブログをご覧頂ければいかに素晴らしい風景だったかお分かりになると思います・・・・要さん&皆さん 耐寒&耐寒訓練のプロデュースありがとうございました!これはやみつきです 

[カテゴリ] オフ会

■コメント(22)

heboheboy (2009年2月23日 18:25)

私もあのフィールドに病みつきになってかれこれ33年(笑)今だに行くたびに感動しております!!朝焼けの写真もばっちり決まってますね!!またいつかご一緒しましょう!!要

daikyu (2009年2月23日 19:46)

要さん こんばんは!深夜から早朝まで、そして送迎つき
で本当にありがとうございました。やみつき歴33年の年季
に比べるとまだまだ1回ですから入り口にも入ってない感じ
ですが、もっと四季を通じての変化を見てみたいですね。

あんな風に色々な場面を見られる自然の恩恵は凄いと改
めて思っております。会社のPCで写真を見ていましたら、
同僚がいつになく何度も覗きに来て話をしていきました。

週末はどこかでお互いに魚に逢えると良いですね!

kom (2009年2月23日 20:43)

こんばんは〜&お疲れ様でした♪
朝焼けの写真!! 良い感じですねぇ〜
やっぱ早起きして行けば良かったかな(笑

星空も感動的ですが、3枚目の猛禽類の痕跡が一番感動しました。
昨年、オオワシを見て今年も見れるかなぁ〜 なんて期待してたんですが、もう居ないかもしれないと聞いていたので、コレを見た時には一気にテンションが上がってしまいました。オジロかオオワシの痕跡。。。やっぱ奥日光は凄いです!!

Lt_cahill (2009年2月23日 20:58)

daikyuさん、こんばんは!
素敵な時間を体感されてきたようでうらやましいです!
hebo会の皆さんと知り合っていまだに参加できないのが残念ですが、
ドライスーツまで用意してあるので、
来シーズンはデビューしたいものです(笑)

para-miyuki (2009年2月23日 21:02)

お疲れでした。(ホント!あのパワーは何処から!!笑)

雪のオブジェ、大収穫ですね。
どうやって出来たのか・・・
謎のままのほうがロマンチックですね。

来週はいよいよ・・・♪
よろしくです~!^^v

くろやん (2009年2月23日 21:30)

お疲れでした~。
あわただしくお帰りになってしまったので、ご挨拶も出来ずでした。
次回はゆっくりと時間が取れる時に、下野のいろいろを体感しに来てください!!
その時までにカメラの軍拡・・・待ってますよ~(笑)

fukuchan (2009年2月23日 22:02)

daikyuさん、今晩は。
衝撃です。。。
血痕写真の野生に衝撃!
朝焼けの写真の美しさに衝撃!!
やはり厳しい自然って美しい被写体なんですね。

mi-stream (2009年2月23日 22:19)

daikyuさん、こんばんは。
雪面の羽根の写真、それから狩りの直後の写真、ドラマを感じさせるそんなシーンに出会いたいものです。
やっぱり、寒くても天気が悪くてもフィールドに足を運ぶのが一番ですね。
早起きでものにされた朝焼けの写真も素敵です。

terry (2009年2月23日 23:29)

daikyuさん、こんばんわ!!
普段から早起きする習慣が付いてると
こんなにキレイな朝焼けを写真に撮るコトができるんですね!!
ボクも木曽の朝焼けと御岳山の写真が撮りたいなぁ。
でも、御岳と昇ってくる朝日って、逆方向なんですよね(笑)

猛禽類のアニマルサイン、スゴいですね。
現場検証、ご苦労様であります!!

shoji (2009年2月24日 07:48)

お疲れ様でした。
鬼軍曹以外は、息も絶え絶えなスノーシュー隊よりも、
徒歩隊の方が、収穫がいっぱいでしたね。
多分、鳥屋が見ても、驚嘆な写真だと思います。

あの地は、いつ行っても感動が多いです。
年に1、2回行ってますが、いつも新しい何かを見せてくれます。
再び、写真の世界の引き込まれたのも、ここが
原因ですから(笑)
おかげで、軍拡競争です・・・(爆)

daikyu (2009年2月24日 11:08)

komさん こんにちは。お世話になりました!
下野ええとこ一度はオイデとつい鼻歌でも
出そうな位ぐっと来てます!

朝も星空もタイミングと天候の条件によって
表情が変わると思うと何度行っても感動する
んでしょうね。

オオワシのお話しを聞いていて止まり木には
いないねぇと話していた後だったので、人間
に感知されずにどこかにひっそりしてるんで
しょうね・・・生の現場を見るよりもあの痕跡か
らイマジネーションを働かせるのも素敵です!

daikyu (2009年2月24日 11:12)

Lt-cahillさん こんにちは。過酷な耐寒訓練ですが、
何より自然の魅せる表情にとても癒されうるうるとき
ます!

私も日光は再来年の5月にブルックを釣りに来たあと、
昨年スノーシュー日帰りでしたので3度目の正直で
あのエリアでの夜討ち朝駆け体験に成功しました。

>ドライスーツまで用意してあるので、
>来シーズンはデビューしたいものです(笑)

水中の世界も半端でないスケールの様ですので、
来期あたりには市販のスーツが入るサイズになっ
て私も見れると良いです・・・・どうかなぁ???

daikyu (2009年2月24日 11:17)

para-miyukiさん こんにちは。頭がない分
パワーだけは小さい頃から自然相手に鍛え
てましたので、こんな時は役に立ちますね!

>雪のオブジェ、大収穫ですね。
>謎のままのほうがロマンチックですね。

人知れず鳥がやってきて静寂の中でダンス
をしたり・・・・なんてロマンチックに考えてた
ら案外こけて羽を広げてたりするのかも?!

いずれにしても動物や植物が主役の場所に
入れてもらっている感覚をより感じますね。

週末は木曽の高原で西の皆さんとワイワイ
もまた楽しみです!こちらこそよろしくです!

daikyu (2009年2月24日 11:22)

くろやん!! お疲れさんでした。香楽荘以来でしたが
今年は絡みが多くていい感じですね。ご挨拶なんて朝
あんだけ早ければお送り頂いた要さんにも恐縮してしま
いましたよん。でも朝も素敵でした。

>次回はゆっくりと時間が取れる時に、下野のいろいろを
>体感しに来てください!!

そうそう、早期にヤモの釣れる渓を探ろうと今年こそ!と
思いはや3年です。土曜に去年案内して貰った渓沿いを
走ってて心に誓いましたので、またそこんとこよろしく!

>その時までにカメラの軍拡・・・待ってますよ~(笑)

ここに嵌ると、準家族でもなくなりそうなので控えめに
プロトタイプやテスト品をお預かりしていきますね(笑)

daikyu (2009年2月24日 11:26)

fukuchan-moさん こんにちは。真冬の厳寒の地は
想像を気持ちよく超えていく感動がありました。そして
ふらふらと散歩している僕達に思いがけない風景を魅
せてくれましたよん。

>血痕写真の野生に衝撃!
>朝焼けの写真の美しさに衝撃!!
>やはり厳しい自然って美しい被写体なんですね

きれいな花や柔らかい緑、手にとってみたくなる渓の
水とか色々ありますが今回は確かに厳しさの中の美
をまじまじと見た感じでした。

次回は渓でライズでも待ちながらお逢いしたいもので
すね・・・・

tabi (2009年2月24日 12:49)

daikyuさん、こんにちは!
そして、先日はお疲れさまでした~♪
今回で4回ほど参加させて頂いていますが
毎回、感動と感激で心が熱くなる、、、そんなところですね!
次回はぜひ、極寒に備えた装備で行くと、もっと楽しめるかも~♪
私は寒さには案外強いのですが、今回の天体観測の後半は
結構厳しかったけど、あの星空みてたらもったいなくて~

皆さんいい写真をアップしてるので
わたしはどうしようか悩みながら数日たってしまってます。
週末の魚の写真もアップできないと思うので
ゆっくり加工処理などしようかな~。

また、会えますね!楽しみにしてます。

daikyu (2009年2月24日 16:57)

mi-streamさん こんにちは!奥日光素晴らしかったです。
東京からあれほど近くにあんな自然が残っているのは奇跡
ですよね。男体山の噴火によって堰き止められた湖の周辺
を囲む様な楽園ですね。

>やっぱり、寒くても天気が悪くてもフィールドに足を運ぶの
>が一番ですね。

釣りのときもそうですが、寒くても暑くても雨が降っていても
行きたいスイッチが入っていると関係ない様に、その瞬間を
楽しむ感性があればよいのだと常々思います。

凄いのはこの環境で中禅寺湖や湯川、湯の湖で釣りが出来
ると言う事なのかもしれないですね。今年は湯の湖のヒメで
も狙ってみようかと思っています!

daikyu (2009年2月24日 17:05)

terryさん こんにちは。奥日光は5月にブルック釣りに
行って以来ごいっしょしてないですね。あの頃はお互い
に若かったね・・・・ってそんな前じゃないか?!

>ボクも木曽の朝焼けと御岳山の写真が撮りたいなぁ。
>でも、御岳と昇ってくる朝日って、逆方向なんですよね(笑)

そうですね。御岳は方角的には逆側になるから朝焼けに
はならないですね。でもこんなに綺麗に見える場所も中々
ないと思いました。レンズをロッドが欲しくなる様に買い漁
る皆さんの気持ちがちょっと分かりました!

iwanaoさんがそっと望遠が新しく手元に来たのでと古い
のを渡してくれました。これ優しさですが、ある意味火に油
を注ぐ感じです!油注がれましたよっ!


練馬の住人 (2009年2月24日 17:09)

daikyuさん こんにちは。
またもや昨年に引き続き、下野の国でニアミスのようでしたね。
男体山から吹き下ろす冷たい風の中に『あ〜ざす』と聞こえたよ〜な?
写真綺麗ですよ! EOSもそうですが、コンデジも少し前のバッテリーは寒い所に行くと機能低下しちゃうんですよねぇ。最新のは随分対策されているようです。
そんな話をネタに反省しないと行けませんね(w

daikyu (2009年2月24日 17:12)

shojiさん こんにちは。皆さんの軍拡装備を拝見して
いやーすごいもんだと思いましたが、昔中学時代に
考古学の有名な先生がいて考古学ブームと言うのが
あったのですが、要さんのおかげで一眼オヤジブーム
間違いなく来ましたよね!同じノリの様な気がしました!

>徒歩隊の方が、収穫がいっぱいでしたね。
>多分、鳥屋が見ても、驚嘆な写真だと思います。

そうですよね。月の輪熊の写真撮ってる人と比較して
も、僕の遭遇回数13回は結構凄いと思うだけに、今回
のケースも貴重かもしれません。

次回は渓に差してきた大きな鱒を見てみたいです。
その映像を焼き付けてGO FISHNG!っす

daikyu (2009年2月24日 17:22)

tabiさん おせわになりました!相変わらずの
美味しい料理、フランスパンに赤ワインに興奮
してグラスを割ってしまいお騒がせしましたっ

と今、コーヒーのタンブラーをひっくり返してしま
いました(泣)すごい繋がりです

>私は寒さには案外強いのですが、今回の天体
>観測の後半は結構厳しかったけど、あの星空
>みてたらもったいなくて~

そうですよね!tabiさんは山も経験があるので
色々な素敵な風景見ていると思うのですが、奥
日光は凄いですね。山登り今年は機会があれば
西のkazuさん達とご一緒してみたいです!

週末も夜は冷えると思うので温まる料理で解禁
前夜祭としゃれ込みましょう!

daikyu (2009年2月25日 07:36)

練住さん おはようございます!まさしくコメントもニアミス
だったみたいで出掛けで気付きませんでした。

>男体山から吹き下ろす冷たい風の中に『あ〜ざす』と
>聞こえたよ〜な?

聞こえた?!いやー前日は凄い暴風だったんですが、夜
には昼の暴風が嘘のように無風でシーンとしてましたよ。
人は僕たちだけであとは動物と鳥と魚だけです!

コンデジバッテリーは当たりの様なんですが、中古のEOSの
バッテリーは完全にあきませんわ。今日中に仕入れておきま
す!

割と仕事がらみでお近く行きますのでメールしますね!

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント