2009年9月24日

秋風と共に

090924_1.jpg

先々週のこと。兼ねてから予定していたCKさんとの釣りです。お迎えに行った早朝の朝焼け。晴れ男VS雨男の対決は台風の向かうみちのく行から木曽方面へ方角を変更した時点で晴れの釣りへ一直線!一路中央高速をひた走り目的の高原へ向かいました。ビリージョエルのナイロンカーテンのジャケットの様な風景でした。

090924_11.jpg

すっかり秋めいた高原から望む御嶽山。あと一月もしないうちに初冠雪なんて言うニュースも入るかもしれない。朝夕は涼しいと言う気温を通り越して寒いほどだ。

090924_3.jpg

梅花藻がびっしりと川面を覆うフラットなプールからノンライズで二人のロッドを絞ったのは秋色に染まったタナビラ。8寸弱であるが体高があり鰭もしっかりしている。これはCKさんの魚。

090924_2.jpg

つがいなのかもしれない・・・同じ様なサイズが僕にも。水生昆虫が豊富で順調に育った事が伺える魚体。来春には9寸になってまた逢いたいね。

11時を回って陽が高くなったところで谷のヤマト狙いに切り替える。その前に腹ごしらえでしょうか・・・ 090924_9.jpg

おんたけ高原食堂でざるそば一枚づつと温かい蕎麦を一杯づつ。僕はスンキ蕎麦を注文。すんきは塩が貴重だった時代に発酵させて作った独特の酸味のある漬物で、木曽の名物だ。子供の頃から馴染みでお茶受けやご飯のおかず、おとなにとっては日本酒のあての代表格だ。美味しい蕎麦で腹ごしらえも完ぺき!

090924_10.jpg

こんな抜ける様な青空の中はやっぱりイワナ釣りです。一月ほど前に3年ぶりに入ったとある渓に入ります。純血のヤマトも釣れる渓相抜群の美渓を釣り上がります。

090924_6.jpg

平均8寸と言う型揃いの反応で、秋口の難しい釣りの事を忘れて釣り上がります。このイワナはニッコウとの混血の様ですが、ヤマトのDNAはそのファイトにしっかり引き継がれておりました。

090924_7.jpg

CKさん 快心の一匹!31cmのネイティブヤマト。長らく木曽で釣りをしておりますがこんな素敵なコンディションの尺ヤマトそうそうお目にかかれません。落ち込みの緩い泡だまりでフライを吸いこんだ様で、対岸から見ていても強烈なそのファイトが脳裏に焼き付いています!

久しぶりに泊った三岳の友人の旅館でこの日は美味しいお酒で乾杯しました!

090924_4.jpg

高原の里川で秋らしく3時過ぎ頃から始まったメイフライのハッチへライズリングが広がります。銀色に輝く川面でフライ交換をするCKさん。絵になりますね・・・・

090924_5.jpg

高原の秋の代名詞、秋桜とは誰がつけたのか素敵な名前です。二日目の晩はOZさんログにお世話になり、60代、50代、40代と三世代男3人でのんんびりと秋の夜長を過ごしました。

3日目は雨男の私の本領発揮で嵐が来た様な天気。そんなコンディションでしたがコカゲロウのハッチが日中にあり楽しい時間を過ごせました。shikada夫妻も合流して5人で遅めのお昼をとりCKさんと僕は一路南へ。

神戸で仕事と控えたCKさんを中津川へ送りがてら、メガネの山内さんと楽しい時間を!私はM画伯のトークショーを釣り仲間の早川さんと聞いた後4人で中津川の夜の宴となりました。釣りがなくても釣りの香りのする宴は続きます。

090924_12.jpg

翌日CKさんをお送りして東京に戻る日の夕刻。ちょっと気になる流れでプチイブニング。浅い瀬脇の柳の下からぬっと出て来たのは完ぺきなコンディションの9寸たなびらでした。

090924_8.jpg

朝焼けに始まって夕焼けで締めるなんてこれまた巡り合わせですね。OZさんののんびりやりましょと言うお話にホントにそうだなと思いながらもフライが見えなくなるギリギリまで釣りをする私でした。

今回の木曽釣行は人と魚がとりもつ素敵な縁を改めて感じる旅でした。CKさんお疲れ様でした!OZさんいつもありがとうございます。shikada夫妻半日でしたが美味しいおにぎりありがとうございます!M画伯!本日東京での反省会楽しみにしております。Hさん、奥さまいつも突然のお話にも関わらずお付き合い下さりありがとうございます。山内さん、奥さま色々な方とのご縁をありがとうございます!

そして木曽の魚たちや美味しい蕎麦や素敵な秋の風景にも感謝です!今週泣いても笑っても最終週です。GOOD FISHING!!

■コメント(10)

CK (2009年9月24日 14:54)

Daikyuさん今回の晴れ男対雨男は快晴と本降りの見事な戦いでしたね。
梅花藻のタナビラ、そしてあの思い出に残る尺ヤマトと本当に良い釣りをさせていただきありがとうございます。
あのヤマトの強い引きにはあせりました。木曾の可能性を改めて感じさせてくれる手ごたえでした。
OZさんを初めとして、Shikadaさんご夫妻、山内さん、良い出会いもたくさんあって今期最終釣行にふさわしい楽しい旅でした。
秋のイベントも期待しています。

西洋毛鉤 (2009年9月24日 18:18)

木曽情報、いろいろありがとうございました。

本流は、ダム放流があったのか、遡行が困難なほど水量が多く、
苦戦しましたが、偶然keiちゃんと会えて、ご指導頂きました。

木曽でいろんな釣りをして帰ってきました。
熊も見ました(マジ)

terry (2009年9月25日 00:00)

daikyuさん、こんばんわ!!
ご無沙汰ですが、合間合間に良い釣りしてるのは
さすがですね!!9寸タナビラもカッコイイですね。
今週末は今季最後の木曽釣行。
大小、数にこだわらず楽しめたらイイなぁと思ってますが
お願いだから、土砂降りにだけはしないでくださいね!!
本名は照男さんですか?のterryより(笑)

daikyu (2009年9月25日 10:00)

CKさん 先日は楽しい時間をありがとうございました!

今年の木曽は良いコンディションでシーズン終盤まで
来ましたね。高原のいつもの渓も例年より梅花藻が多
く水が良い事を示していました。

強烈なヤマトの渓ですがあの上をどうしても確認したい
衝動を抑えられません(笑)週末時間に余裕を持って
探って来ようと思います!と言う事で27日は友人に
ライブを紹介しましたのでまた感想を聞いておきます!

daikyu (2009年9月25日 10:04)

西洋毛鉤さん こんにちは!先日はお電話口では
kazuさん、shikada夫妻とお話しましたが撃沈さ
れてた模様でお疲れでしたか?

>偶然keiちゃんと会えて、ご指導頂きました。

やはり駅前で鍛えているだけあって渋い時の指導
には定評あるみたいですよ!(笑)ダム放水で状況
が全然変わりますね。そのタイミングでまた下流か
ら差して来たりするからソワソワするんですけどね!

熊も見たんですか?季節的に遭遇する可能性高い
ですから何より気をつけましょうね!お互いそっと
しておいてと言う感覚が大切です。

daikyu (2009年9月25日 10:09)

terryさん こんにちは!お忙しい様ですがテンパッテ
ませんか?木曽は今年はとても良い感じですね。

>お願いだから、土砂降りにだけはしないでくださいね!!
>本名は照男さんですか?のterryより(笑)

そうよねー最終の週末位カラッとした天気でテンポ良く
行きたいところですね。最近この日に行くぞ!と気合を
入れない様にすると言うのがマイブームでそうすると
案外天気が持つ事も分かりました。

週末はどうしようかなぁ。。。。こんな感じにしときます(笑)

kazu (2009年9月25日 12:59)

尺上イワナかっこいいですね!
大久のお陰で私達もいい釣りができました
ありがとうございました!
しかしあの魚影の濃さを考えると堰堤の上が気になりますね!!
あの上は脱渓できるところまでは1キロぐらいでしょうか
行って見たいな~

mi-stream (2009年9月26日 15:54)

daikyuさん、こんにちは!
高原の渓のタナビラに、ヤマト、みんな素敵なプロポーションですね!!

ワタシもシルバーウィークに高原の渓におりましたが、サイズは出なかったものの多数のイワナ、タナビラが遊んでくれました。
今から来シーズンが楽しみです(笑)

daikyu (2009年9月28日 22:45)

kazuさん こんばんは!尺上スゴイですよね・・・・
この時はあんな事が起きるとは考えてもいなかった
のでその幸運の流れがこちらにも来てしまって、
正直うれしいのを通り越してます!

>しかしあの魚影の濃さを考えると堰堤の上が
>気になりますね!!

このコメントを見てあの渓に行こうと心に決めました。
世の中は何がどんなご縁を生んでくれるのか分かり
ません!ほんとにありがとうございます!

daikyu (2009年9月28日 22:55)

mi-streamさん こんばんは!高原の渓の魚
たちは今年はとても元気が良く色々な条件の
中で遊んでくれてうれしかったです。

シルバーウイークが初めての体験になった私達
も魚達もある意味バトルを繰り広げてたと思いま
すが、この休みにも素敵なイワナやたなびらが
ロッドをまげてくれました。

リリースした魚達が元気に来年も顔を見せてくれ
るかもと思える釣りのスタイルはイイですね!

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント