2009年12月 9日

イワナが沸いた日

091209_3.jpg

イワナが沸く日・・・・・なんとも憧れるフレーズですが、今年そんな日に巡り合ってしまいました!

結論から言います。35cmの鰭ピンの画像のイワナを始め31cm、30cmと3匹の尺イワナを含め9寸以上が5匹・・・・開きや浅い岸際からゆったりとテレストリアルを吸い込む様な反応で、魚もそうですが釣り人にも完全にスイッチが入った状態です。15時から18時までのほんの3時間のうたかたの夢の様な釣りでした。この渓10年以上行っていなかったちょっと忘れていた渓なのです。

今年の正月に古い釣り雑誌を見ていて、懐かしいけれど最近殆ど出てこない渓の記事に目がとまったのがきっかけでした。懐かしいなぁと読み進めていくうちにもしかしたら・・・と言う気持ちがフツフツと沸いて来ました。もちろん仲間も殆ど行ってませんし、前情報も何もないので、全く駄目かもしれない、数少なくなってきた東北釣行で、リスクを冒して行くのにはとても勇気がいります。こういう感じの話は大体そこで終わる事が多いのですが今回だけは違いました。

不思議なことに何日経ってもそんな想いが消えず、むしろ気になる度合いは深まるばかり。意を決して自分も目で一度確かめれば納得もできると・・・久しぶりの渓への単独釣行。条件だけは良い日に渓に立ちたいと天気予報をチェックして、まとまった雨があった後の晩夏の平日に夜討朝駆けです。こんな時だけは生来のポジティブ男の良さでしょうか、気がついたらハンドルを握って未明の東京を経ち、心の中でこんな時に必ず出てきてしまう『アイオブザタイガー』を口ずさみながら東北道をひた走っていました。しかも道中は強力な雨男も封印するような晴れ間です。

091209_4.jpg

さすがに疲れもあり途中何度か休憩を入れながら現地に着いたのは14時を過ぎていましたが、予想に反する晴れの天気と記憶を凌ぐ程の渓相、増水から引き気味な水量!片道500kmの距離を感じさせない程の回復力で渓に立つ事が出来ました。8月末でしたが低めの水温のせいでしょうか渓の中ではうっすら紅葉が始まった様な色合いのイワナも掛り、あれよあれよと思う間に冒頭の結果となった訳です・・・・

釣りに限らず何でもそうだと思うのですが、こんな日に当る確率はおそらく数パーセント。もちろん記憶をたどっても数える程しかないのですが、釣り人は幸せな人種でこんな数回の思い出をを10年も20年も思い出してはニヤニヤして酒を呑んだり、その夢を追ってまた同じ渓に行ってコテンパンにやられてもこれも釣りなんだと思ったり出来ます。追うことの出来るロマンのある幸せなんて言うとカッコイイですが、そんな感じでしょうか・・・・

すでに30万キロを超えてしまった愛車と、片付けが下手で物持ちが良い性質が古い釣り雑誌をとっておいたと言う幸運、それとポジティブな性質に育ててくれた環境に感謝するばかりです。釣り人が多くなり、情報も飛び交うご時世ですが実はひょんなところに『おっ』と言う様な話も転がっていると言う事でしょうか。うーん、これもアナログな組み合わせなのですね・・・・

チャンスの神様の髪が前髪だけでなく、フサフサに見えた1日でした!

■コメント(13)

西洋毛鉤 (2009年12月 9日 11:55)

>35cmの鰭ピンの画像のイワナを始め31cm、30cmと
>3匹の尺イワナを含め9寸以上が5匹・・・
:
>こんな日に当る確率はおそらく数パーセント。
>もちろん記憶をたどっても数える程しかないのですが・・・
:
未だかって、そんな日は一度もありません。
片道500kmの単独釣行もないので、分相応ってとこですか。

daikyu (2009年12月10日 07:14)

西洋毛鉤さん おはようございます!確率で言うと
私の方が断然悪いはずです・・・年間平均40日×
25年1000回分の数回ですから、ははは。

500km行けば、あのゲートから先に歩けば。。。
あの堰堤を越えればと色々思いを巡らすのですが。
今年の夏ゲートの先3時間歩いてビバークした朝に
テントサイトを釣り人の車がブーンと横切って頭ハネ
された時には流石に開いた口が塞がりませんでし
たが・・・・

こんなところまでしてる人居ないでしょって人が結構
居ると言うのを知るとまた複雑です・・・

練馬の住人 (2009年12月10日 17:59)

最後の1行に、どこか引っかかるのですが…
前も後ろも引かれた後は、脳天を引かれます(苦笑)

Anonymous (2009年12月10日 20:31)

daikyuさん、こんばんわ!

>追うことの出来るロマンのある幸せ・・・

時として聡明で老獪な釣り師は、グッとくる台詞をはきますね!!

フィッシュクラフト (2009年12月10日 20:33)

daikyuさん、こんばんわ!

>追うことの出来るロマンのある幸せ・・・

時として聡明で老獪な釣り師は、グッとくる台詞をはきますね!!

daikyu (2009年12月12日 12:19)

練馬の住人さん こんにちは。師走となりもう走りまくりです・・・・
この経験は釣り場探しのひとつの形のモデルケースになりそうで
す。

15年前に比べるとみちのくの渓も随分状況も変わって必ず良い
とは限らない感じになると全く違う観点で思いをめぐらすのも又
釣りに行ってるのと同じ位楽しいです。

来季は更に知らない渓に行って秘密の渓が増えるとよいと思い
ます!蕎麦屋位で一杯したいですなぁ・・・・

daikyu (2009年12月12日 12:23)

フィッシュクラフトさん こんにちは。今朝ははよからすんません(笑)
釣りと言うことだけでも毎回違うので、行く場所や季節が違えば、
文字通り千差万別の状況変化ですね。

こうやってまだ何年も話すことのない魚の気持ちを考えながら釣りを
して行くんだろうなぁと思うといろんな趣味がありますが深さやその
楽しさは無限に広がって行きますね。

新春はシーズンの大まかな計画を立てて、秋に楽しんだヤマトの渓
のビバーク日程も決めちゃいますか・・・・楽しみにしてます!

caro (2009年12月15日 22:02)

禁漁時期にこの話は、酷すぎますっ(爆)
でも…来シーズンへの期待とかワクワク感とか、はたまた良い時季を思い出しての
反芻とか、この時季ならではの独特な思いに駆られます(^^
何で釣りが好きなんだろう? 何でまた釣りに行っちゃうんだろう?ってことを
思わず考えちゃいました(^ー^

daikyu (2009年12月24日 10:05)

caroさん メリークリスマス!ってすんごく遅くなって
しまいスミマセン・・・・ベリークルシミマスな言い訳で
す(汗)

釣りがなぜ好きなのかは私人間の本能にあると信じ
てます。人間のお尻の上には尾っぽの骨の名残があ
ると言われてます様に、人間もおサルだった太古の
歴史があります。

元々狩猟民族なので手づかみや追い込みなどの次の
手段が釣りだったんですよね。骨を加工した釣り針なん
かも遺跡から出土してますしね。本能のまま出来る楽
しみなんて中々ないので大切にしたいですね!

準家族 今晩だけは聖家族・・・  メリークリスマス!

kom (2009年12月24日 18:51)

>準家族 今晩だけは聖家族・・・  メリークリスマス!
これっ 上手過ぎます(爆

来年もイワナの湧く川に巡り逢えるといいですね♪

daikyu (2009年12月25日 08:35)

komさん おはようございます!メリークリスマス気分な朝
でございます。聖家族明日になれば準家族!ってのもあり
ますよ・・・・ははは

湧く川はどこにでもあるんだと思いますが、湧く日や湧く時間
にそこに居る事がいかにむずかしいかって事ですね。地元な
らばいろんな状況が読めてきてやっぱりそうねなんて思いを
めぐらす事も出来るのですが、これが遠くだと中々。

そんな事を考えつつ聖なる夜に口笛でも吹きますか・・・・・

mi-stream (2009年12月29日 21:24)

daikyuさん、こんばんは!
今シーズンは、奥日光でお目にかかれてうれしい年になりました。
年末の片付けがてら古いFF誌などの処分しようかと思っていましたが、こんなエントリーを見てしまうと捨てられません(笑)
尺イワナが1日3匹とは、ワタシの場合、一生かかっても縁がないですが、来シーズンも、ちょっとだけイワナやヤマメ、タナビラに遊んでもらいたいなあ、と思っています。
来シーズンもどこかのフィールドでお会いできることを楽しみにしております(反省会が濃厚でしょうか!?)

daikyu (2009年12月31日 08:13)

mi-streamさん おはようございます。私、物持ちだけは良いのですが、整理整頓が全くもって出来ないので多分あるなぁと思うモノは沢山あります。がしかし探せずに忘れた頃に良く出てまいります(笑)

その意味では釣りの本だけはこう言う事もあるときちんと整理出来てるからまた不思議です。興味は技術的な事より叙情的な方にありますので古い本は良いです。

木曽行きの帰省バスを新宿で待っております。釣りのない木曽で年越しして来ます。良い年をお迎え下さい。

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント