2010年7月21日

田舎と新宿と塩いか

100113_5.jpg

『ふるさとがあるのは羨ましいね』と東京生まれの友人に言われた事がありました。ふるさとと言うよりも田舎の方が自分にはしっくりくるのですが、田舎を思い出すのは実家の玄関を開けた時の空気だったり、歳で言えばおじいちゃん、おばあちゃんなご近所さんもいつでもおじちゃん、おばちゃんだし、自分もおっさんの歳でもちゃんづけでほっこりして。

中央道を走り諏訪を越えたあたりで木曽訛りのスイッチが入ること、何度も通った沢が今覗くと随分小さくなったなぁと思うことも。田舎に帰るってそういう事なのかなぁと思います。

東京にあって感じる田舎のひとつが『新宿』中信や東信の信州人には特急あずさが到着するのがここだ。木曽から初めて叔父を訪ねて上京した時はいよいよ東京だとワクワクし、大学受験で兄を頼って学校を下見して帰省するときは副都心のビル群が黄昏れるのを見て、大学に合格しなかったらここには来れないんだなぁと心まで黄昏れた事を昨日の事の様に思い出します。狩人の『あずさ2号』は信濃の国に並ぶ信州人にとっての心の歌のような。

少し前だけれど東京の美味しくてお得な居酒屋特集の本にとある新宿のお店が載っていました。訪ねてみると偶然にもご主人が信州飯田の方で、なんと座った席には天竜川で釣ったと言う尺越えのアマゴの魚拓が飾られていた。メニューに蜂の子やイナゴ等地元の食材も並ぶなか、これまた懐かしい『塩いかの胡瓜もみ』を見つけオーダーした。

この塩いか、長野県にしか存在しない烏賊なんです。保存の効く塩浸しの烏賊で昔は給食なんかでも食べた事がある。良く塩抜きをして、こうした夏野菜との和え物やポテトサラダなどに合わせる、うっすらときいた塩味のいかの風味が郷愁を誘います。みょうがときゅうりとこれを背負って田舎の桃源郷の渓で野営もよいかな・・・・ 

[カテゴリ] 美味しいモノ

■コメント(10)

tabi (2010年7月22日 21:38)

daikyuさん、お久しぶりです。お元気ですか?
人よりも、脂肪と言う名の余分な衣を纏っている私には
辛い夏のはじまりです!
が、この画像と文章に、清清しさと不覚にも涙さえ浮かべてしまいましたよ!

わたしも、田舎者の代表ですが、
九州からの上京組みは、東京駅です。
今は無き、汐留めの貨物ステーションあたりに夜行列車が差し掛かると
「あ~~~、来ちゃった!」。とか、「また戻ってきてしまった」と
そんな思いが過ぎったものです。
そして、daikyuさんと同じように、新宿や銀座やちょっとした下町の飲み屋街に「博多料理」などという、提灯が下がっているのを見て、
ライズする魚のように、やる気満々で入っていったのを覚えています。
あ。決して、集団就職組みではないので~(笑)

練馬の住人@夜勤中 (2010年7月23日 04:39)

daikyuさん おはようございます。
同じく田舎っぺの練住です(w
“ふぐすま”なので上野なのかなぁ?それとも東京?
上京時はオヤジの車に乗ってきたことを思い出しました。
当時住んでいました府中での引っ越し作業を終えると、「新宿でメシ食おう!」となり、京王線に乗ったはいいのですが・・・
なんで八王子なんだーっ!って事がありました。

キュウリと塩イカのおひたしになるのでしょうか?
連日の猛暑続きなので油っこいのはどうも向きませんが、さっぱりした肴で冷酒で1杯ならGoodです♪
少し前までは夏バテ知らずだったんですけどね~(苦笑)

Keiちゃん (2010年7月23日 12:10)

お疲れさまでーす。田舎者でーす。

塩烏賊ね、信州では普通にスーパーで売ってるよね。
先人の知恵って凄いよね。山梨名物のアワビの煮貝といい!
 
うちの母親は都会に嫁いだ同級生に、よく送ってたな~~。

ここのところ猛暑だから、さっぱりした塩烏賊と蜂の子で
元気になっちゃいっますか~~!

daikyu (2010年7月23日 14:49)

tabiさん ごぶさたしました!アツいだの忙しいだのと色々
な理由をつけて釣りにも行かずにいまして、こういう時は大
概何しても良くないですね。やはりなんと言ってもライズは
現場で起ってるんですからね(青島警部風に!)

tabiさんにとっては東京駅が玄関口ですか。何年経っても
そういう風情ってのは忘れないものでいかにインパクトが
あったかと言う事ですね。

東京って憧れの地でしたから、釣りで言うとこの滝の上は
いいんじゃないかと思う時のあれと同じ感覚ですね。3時
間歩くんですからパラダイスに決まってますからね!(笑)

daikyu (2010年7月23日 15:09)

練住さん こんにちは!ご無沙汰もいいとこでスミマセン。
ふぐすまもいいとこですね。お父さんの車に乗って初めて
来た東京っていいなぁ。何もかもが新鮮だったのでは!

京王線で思い出しましたが、特急料金のかからない特急
と言うものを初めて見たのが京王線でカルチャーショック
でしたね。特急が10分に一本走ってるのもびっくり。鈍行
だって1時間に一本の田舎とは大違いでした。

>キュウリと塩イカのおひたしになるのでしょうか?

そうですね。きゅうりモミに塩抜きしたイカを合わせた
感じですがこれいいんですよ!ちべたく冷やして食す
のが良いですね!チャンスあればぜひご賞味下さい!

daikyu (2010年7月23日 15:34)

keiちゃん この間は電話で飲食店情報ありがとうございました!
平沢でいとこ皆で集まって遊んだ頃が何も知らなくてホント私も
いなかっぺいでございましたわ!(笑)

かといって東京に出たから変わったかと言うと、本質的には何
も変わってないのかもしれません。でも味覚だけは昔普通に食
べてたモノを求めてるとこがありまして、塩いかもそんな感じで
すね。鮑煮貝は静岡から背中に醤油の入った木の樽を背負い
タポタポしながら運ぶうちに味が浸みてと言うのが始まりみたい
ですね。

>うちの母親は都会に嫁いだ同級生に、よく送ってたな~~。

長野にしかない特殊なイカですから料理好きや左党の方にも
受けが良いんでしょうね。あの少し伸びたゴムの様な食感が
他になくて何とも言えないですね。きゅっと一杯やりたくなりま
すなぁ!またそっちで行きましょうね

iwanao65 (2010年7月26日 19:52)

東京の田舎、町田からは「新宿」「渋谷」に出るのは冒険で御座いました!
なんせ、近所で釣りしたりザリガニ獲ってるほうが多かったですから・・。
サッパリした塩イかとキュウリ、美味そうです。
今度福島の生協で探して買っていきますね!

daikyu (2010年7月27日 10:35)

iwanao65さん おはようございます!東京在住の
方から見ても新宿は都会だとしたら、やっぱり私が
新宿に初めて来たときのインパクトは田舎ものその
モノだったと思いますわ。

そっか、当時はまだ町田辺りでもザリガニ普通に
採れたんですね。小さい頃は住んでる場所によっ
てそれが、フナだったり、エビだったりして私たち
の木曽ではクソムツだったんですよね・・・・

木曽のお店には塩イカ必ず常備していますので、
夏野菜で一献お願いいたします!

在東京広島人 (2010年8月 3日 12:59)

お久しぶりでございます!
元 狂我仲間の在東京広島人です。

なんだかボクも田舎に帰りたくなってきました・・・。
田舎から両親や友人に見送られ、
大学のある神奈川に発つ時は、なんとも切ない気持ちだったのを思い出します。
ボクはやっぱり「お好み焼き」に故郷を感じます。
あとは夏のセミの声が違うことに関東に来たことも感じましたね。
広島はクマゼミがやたらと多いんです。

ヤマトイワナはいかがですか?
いつか御一緒したいです!

daikyu (2010年8月 4日 17:01)

狂我仲間さん ご無沙汰です!最近は新しい車にも
慣れて参りましたが30万キロ共にした車でしたので
たまに恋しくなりますわ(笑)

お好み焼きですか。さすが広島ですね!昔、仕事で
広島行った時駅前の確か麗ちゃんって言う店でモダン
焼じゃなくてうどん焼(名前違うと思いますが汗)食し
中々の味だったと記憶しております!

先日ちょうど田舎に戻ってきましたが、ポテトサラダに
塩イカが入っていて何気なく母親に塩抜きの時間とか
聞きこみしてました。夏ヤマトも健在でしたよん!

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント