2011年6月13日

河畔で感じる季節のうつろい

東北の渓の旬を教えてくれるのが河畔に咲く花。その中でもこのタニウツギの花が咲くころはフジの花の咲くころと並んでなんとも素敵な気分になる。濃淡のあるピンクと新緑の緑の鮮やかな組み合わせを河畔に見ながら、森を写した様な緑色した渓を軽快に釣り上がる。河畔では色々なものを通じて季節のうつろいを感じる事が出来る。

110613_1.jpg

110613_8.jpg

ぐっと減水し底石には茶色のコケと緑色のヌルが付いており、10日前の雪代引きかけのさわやかな底の状態から一気に季節が進んでいた。水の中の状況を身体全体に写し込んだ様な9寸弱ヤマメ。魚たちの反応は巻きや開きでなく殆どがくるぶし程のジャブジャブと歩いてしまいそうな浅い瀬に完全移行しており、フライフィッシングの独壇場と言える状況。10匹に1匹の割合で混ざる良型のヤマメを3匹掛けたところで今日の釣りはお開き!

110613_6.jpg

雨男には似合わない晴天続きも出来すぎで、25度前後まで上がり汗ばむような陽気に、そろそろ背中のペットボトルを2本にしなきゃいけない季節にも。渓を吹く風が天然のクーラーを浴びている様。

  110613_2.jpg   そしてタニウツギを写そうと一歩草むらに踏み出した時見つけました。 色んな季節を感じながら全てが『丸く』収まった一日でした。

 

[カテゴリ] 魚のはなし

■コメント(4)

とくいち (2011年6月14日 23:25)

撤収作業お疲れ様でした!!
一人旅も堪能されたようで何よりッス。
花に関しては殆ど知識ないのですが・・・
ヤマブキ、タニウツギ、フジは、咲いた花を見ると
ザワザワ心が騒ぎます(笑
命の水の現場売りは高く付くのでご注意を(爆

フィッシュクラフト (2011年6月15日 12:08)

一人旅の撤収行脚、お疲れ様でした!

さりげなく花の話題から・・

余裕すら感じられるプロローグ。

第二幕が待ち遠しいですね!

daikyu (2011年6月15日 17:43)

とくちゃん こんにちは!まああの渓の変わり様は
すごかったですよ。10cm近く水位が下がったの
ではないでしょうか・・・

魚の付き場も全部入れ替わっていて中々興味深い
ものがありました。花は私も渓に通う様にになり少し
づつ分かってきましたがまだまだです。

命の水を現場売り所望しない様に余分に背負って
いきますね!

daikyu (2011年6月15日 17:46)

kazuさん こんにちは!前回も今回も年に何回も
ない様な良い状況でしたので、記憶にだけ残して
記録に残してない感じです。

贅沢な釣りが出来る日程にみちのくに居られた事
は良かったですね。少しリハビリが必要かもしれな
いです・・・

前回やった渓で最終日19時過ぎまでイブるとは
思わず、さすがに帰りが遠い遠い!(笑)ひとりは
気楽で良いですが止める人がいないので!

コメントするコメントする
 
名前
メール
URL


コメント